K'sカップ2015

2015/11/26 12:46
参加してきました。

ボート、オカッパリとで300人を超える参加だったようです。寒くても雨が降っても、風が強くても釣りするなんて相当な釣り狂が集結していたようです。

前日に少し釣りをしていたのですが、プラでは玉砕し、かろうじてワンバイトあったかな?といった場所だけ覚えておきました。

当日は朝からの雨、風。

天気予報はあくまでも予報ということを再認識しました。天気予報にはよくよく裏切られます。

ボート内総重量ということで、千葉県からの刺客2人と一緒に3人で半人前チーム。旭殿は夜勤明けもあったし、笹川殿はランチングしていたので双方ともリグってすらない。

ということで、唯一リグっていた私がバスを寄せとくべくスピナーベイトを縦横無尽に投げては巻く。頭のハエを追い払うかのようにサオをブンブン振っていたら、まさかのヒット。とりあえずボーズは逃れた私達。マグレもスキルの一部。




バイトが遠のき移動。穴打ちへ。

雨量が多くて水温下がりました。風も強くないけど弱くない当たりで寒さを感じていました。

懸念材料は若干濁りが増したこと。これで居ても動きたくないバスに変わってしまったのではないかと考えます。アピールを落とすより手数を増やすこと。これがバイトを増やすための最善策だと考えました。

小まめな移動で風の当たり具合や水質の良いところを探しながら、初見聞の巻ラバを見て、聞いて。少し季節が進行してしまったようでバイト得られず。しかし、可能性は多く持つルアーだと認識しました。

なかなか、バイトが得られない我々は移動を繰り返したり、入り直したりして、なんとか2匹目を釣り残念ながら終了時刻となりました。

結果、2本。1050g。



トップ 3900。北利根川。いつもながらの最強ルアーとそれを使う人ですね。私も一度は試さなくてはといつも思っています。
年内には反省しましょう。それまで各自、練習しておいてください。

大事なのはフッキングのとき跳ねること。

エアフックセットです。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




 Home