日曜日の釣りについて

2015/04/21 12:37
昨日は友人の紹介で今年、参加を決めた
バスオブジャパンの第1戦長門川へ
行ってきました。


先週、バッテリー、一つで廻れそうな
エリアから当日、アテに出来そうなピンを
2つ見つけていて、そのシャロー側で
バスを捕っていました。



そして、試合当日、減水も濁りも
予想していましたが、予想以上であり
ど茶濁りの大減水。
そこに加え予想以上の人的プレッシャー。
オカッパリからバスボートまで。



スタートするも見つけていたポイントには
複数のボート。そしてヘラ師。
やっぱり通い慣れた人は、そういう所に
集まるんだ、ポイント選択は合ってたよう
ですが、釣り方があるようで私には見つけ
られなかった。
この川、特有の釣り方ということでした。
それに気付けばなぁ。まだまだ足りません。



スピニング、ワッキー。
これも一つキーワードのようでした。
大会ルールでは竿は5本までと決まっている
のですが、私の5本はすへでベイト。
巻き2本。テキサス2本。ヘビダン1本。
すべて軽いルアーが使えないサオを用意
していました。反省。
優勝者はベイトだったものの、シャッド系
ワームのウエイテッドフックとやはりライトな
仕様。



釣れた総数こそ少ないものの
トップは5本、4700gありました。
まだまだ修行が足りません。


ローボートも楽しいです。
あまりの不安定さをいかに安定したものに
するか、乗りこなすか。
スペースをどう確保するか?
などなど、たくさん工夫されてる方が居て
これも見て楽しいです。



私は、いかにシンプルに持ち運ぶ道具を
いかに少なくするか。に取り組んでいます。
お陰で次の日から足腰にきますけど。


あと3戦、勝ってアメリカ行けば
フルリグ、スキーターとピックアップを
一年間、無償貸与。
オープン戦に出れるそうです。
フルリグ、スキーターはもらえます。
渡航費用、宿泊は招待側持ち。
そこで勝つとクラシックに行けると。
ま、もうすでにAOYは消滅した私。
残すはいかに楽しむかです。



余談。
今大会の冠ですが、
ラッキークラフト、モーリス、ピュアフィッシングジャパン、ハイドアップ、フィッシュラボ、DUO、ミンコタ、ハミングバードCUPと
今まで出た大会のなかで一番、長い名前の大会です。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




 Home