仕事帰りに常陸利根川

2014/04/04 23:24
少し残業で遅くなったけど、
久しぶりにオカッパリして帰ることにしました。


着いてみると川沿いにうねるような波で護岸上まで波被りしているので、一歩下がって巻物をしていました。


使用していたクランクベイトが逆風にも負けず、スパッと飛んでいくのは気持ちいいですよね。
たまたま、サオとリール、ライン、クランクベイトのセットが良かったのでしょう。
そういうクランクベイトには何も起きませんでしたけど…。



そこで、テキサスリグに変え物撃ちしたところ写真のバスが釣れました。





産卵前の状態かな。
すぐ元の場所へ戻ってもらえるよう、すぐリリースしました。



さて、今回釣れたルアーですがテキサスリグのシンカー3g、ワームは4インチWテールグラブです。
特に特殊なカラーでもなく、最新のルアーでもありません。
どこにでも売っている(古くて無いかもしれないけど)ゲーリーワームです。


毎年毎年、新製品が発売されサオやリールは細分化され、どんどん使いやすいものになっていきます。
そういうことがルアーにもあるのかな?
と、考えることがあります。
あのクランクベイトは抵抗が少なくすごく楽に巻けていいよ。なんて、あまり聞きません。
むしろブリブリと泳いで一日使ってたら手首痛めるな。けど釣れる。のような。
たまに例外もあるけれど…。
そういう視線でみると、毎年リリースされる新製品って……と。ホグ系だけで何種類でてるんだろう。



そんなこという自分でも、次のボート釣りで投げたいルアーの第一位はラトリンログ。
毎年投げてるし、ふつうに巻くと抵抗感はあまり無い。まして新製品どころか埃を被って売られていたりする老兵。
でも、大好きだったりするのです。
しかし、やっぱり新製品についていけなくなっているなと感じると、私がルアーを語るのは間違っているということになり、あれこれいう権利はないのですね。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




 Home