興味深い

2013/12/06 18:19
12/3 NHKプレミアムアーカイブスにて
四万十川の特集をやっていたので録画しておきました。


四万十川の源流の様子やアユの一生を追いかけたりと、とても興味深いものでした。
アユがなぜ急流に卵を産むのか?とか、海水と淡水の層、汽水域の水中はケムクライン??が発生するようですが、実際のその映像とか。
食物連鎖、植物プランクトンを小魚が食べて、さらにその小魚を食す魚がいて。
まだ、全ては観ていないのですが、最も、おー(;゜0゜)っと思ったものは、水中の音。



水の中にはたくさんの音がありました。
それを海洋でイルカやクジラを探すのに用いる音波キャッチャー(名前忘れた)を使用すると、小魚の群れの出す音、潮と潮がぶつかる音、そしてシーバスの捕食音。
高性能カメラを水中に入れ、同時使用すると、その音を拾うときにシーバスが小魚を食べていました。
いいもの観ちゃったなあ。
ルアーの音も考えなくては。



さて、この番組の本題はアカメの撮影をすること、目の赤いアカメを撮ることのようです。
続きを早く観なくては!!




仕事から帰ると郵便が。このロゴは。
寒いんだよなあ。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




 Home