房総チャプターの裏話

2013/08/23 12:58
亀山の裏話について少々。


亀山に向かうときは、今回も目標は
ひとり4500gね!!
とか、
え?!それだけでいいの??
みたいな余裕が悪態に聞こえるほどの
毒舌トークで会場に向かいます。



前回、私がバケツを忘れたせいで、
何度も何度もバケツは?持ってきた?
と執拗に聞かれていました…。


とーーこーーろーーが~~~


今回、忘れ物をした方がいました。


しかもしかもー 無くてはならない物。


A:お昼のお弁当のおにぎり
B:エレキマウント



さぁーどちらだと思いますか(笑)?
続きを読まずに解った方はかなりの
山本さま通。
彼を良く理解していますね。


正解は・・・・・・







B:エレキマウント!!!



ええ、それはもうソレを忘れたってことに気付いた彼の汗の量といったら…
ダムの水位を回復させるのに充分なほど。
この時点で私はレンタルもあるし、パドルだってあるし、試合には出れると考えていましたが、どうやら頭が回ってない様子。パニックに入ってる感じ。
何を言っても聞かない。
上の空。
大丈夫ですよーヤマモトさん。
と、言っても
イヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ汗
とまらない汗。
まだそんなに暑くないのに汗。
もーダメだ。もーダメだ。と、連呼。
そんなダメージを受けもはやダウン寸前のヤマモトさんを救うべく、ボート屋でマウントあるか聞いてみましょうよ!!
と、声をかけおじさんに聞くと…。




コレ、使え!!!



と、貸してくれたマウントがヤバイ。
超超超ステキすぎる。
さっきまでダウン寸前だったヤマモトさんも100%回復。
朝日を浴びたヒマワリのような笑顔まで溢れる始末。
笑顔が隠しきれないにもかかわらず
オレ、自分のマウントじゃないと本気だせない!
とか、
こんなん誰にだって作れるよ!
とか、
あー、もー、こんな小ちゃくて軽いマウントなんて不便!!
とか、
お母さんのミルクに吸い付き絶対離れるもんか!!と、いってる仔犬よりワガママ!!!


もう自分にバッファローのような立派なツノがあったら彼に向かって突進ですよ!!!



えー、もー、私にブルーマーリンのような立派な先っぽがあったら、鼻歌口ずさみながら優雅に釣りしてる彼のボート下から超絶なハートブレイクショット入れますよ!!!


と、自分に立派なツノも先っぽもないのが残念だと思えたのはこの日が唯一ともいえる。



まさか、これでマウントもあるんだからスイッチ踏めばエレキ動くんじゃーん。
ねー、これで動かなかったら……



A:エレキの故障
B:もう一個、大事なもの忘れた!!
( ゚д゚)




((((;゚Д゚)))))))
さぁ、どっちでしょう??


このあと、ヒマワリのような彼は
また下を向いてしまいました。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




色々、お疲れ様でした。(笑)
奥が深いバス道。頑張って追求していきましょう!



Re: タイトルなし

ひおきんさん
奥が深いです。
いつもと違うダムの釣りは学ぶことも
多いですd(^_^o)



 Home