JB霞の反省

2013/07/09 06:19
先日のJB霞ではやられてきましたT_T


前日プラを予定していましたが、朝の
常陸利根川のザブザブを見て、これは
本湖まで行けないな。と、判断し準備をやめ、船体の掃除と翌日の準備に時間を割きました。


試合当日の本湖はやっぱり濁りがあって、水温も高い。自分の魚探では牛堀、麻生あたりでは28度台を示していたのですが、州の野原側では26度台でした。
自分の考えでは28度はもうありすぎるほうだと思っているので、結果西岸で試合時間のほとんどを使いました。


とりあえず杭から。
この州の野原入口から境島一帯を大きいフラットとし、そこからブレイクする線の何かに付いてるのではないか?と思ったので。それが杭だったり、ロープだったり、石だったりと何でもいいと思いますが、それが先端にあれば居るハズ!!だったのになぁ。元気なのはナマズだけでした。
和田にも行きました。過去の抽斗ではココも釣れるハズだったけど、行ってみたら船団。まわりはベイトタックルなのでアプローチ変えたら食うかな?とスピニングでズルズルやってみたけど不発。もう抜かれてたのかな?。


念のため東岸も見に行きました。
けど風当たりで濁りで雰囲気が良くないと、やっぱり西岸に向かいました。
そこでコンクリの波消しに入ったらバイトが出だして、余所見によるミス!から始まりフックアップしたと思ったら沈みコンクリに巻かれバラしT_T
挙句、フッキング後、抜きだそうとしてコンクリに擦れライン切れ…。
時間をあけて入り直して、またミスる始末。魚影は濃かったのに残念でした。
あけた時間は浚渫に入り、以前とっておいたバイトがすべてナマズであったことが分かりました。
ナマズのほうが高水温に強そうです。


12時をまわり、北利根川に戻りゴロタやるも居ない感じ。
あとは空いてるとこに入りタイムアップ。
試合はこんな流れでした。


結果、東岸で釣った方も入賞していたのですが、やっぱり杭とのこと。
今思うと水深がある杭ならば太陽光も届かずシェードと同じになるのかな?疑問です。それで湖流が当たっていて釣れたのかな?と考えています。
今回はやっぱり葦だったか。ということが無くて良かったです。葦撃ちは今回も出ないハズ!でほとんどやらずに終わったので気になっていました。


釣れていないときは、すべての行動が間違っている。と福島プロが言っています。置き換えると今回の自分の行動もすべて間違っていたのですね。
悔しすぎて未だイライラしています。


今回もそうですが、高温下での釣りは超危険です。体調とよく相談し、無理はしない。飲みものはありすぎるくらい持っていく。これは絶対。
日焼けも体力を奪うので防止したほうがいいと思います。


次の試合はチャプターの予定をいれました。


今年もひおきんさんにアメドリ誘っていただけました!!
戦力不足ですがアメリカには付いていきますlol!!
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




JB霞お疲れさまでした(≧Д≦)
霞もデス湖。。だから厳しいですょね(T_T)
プラが調子よくても、本番になるとなかなかって感じで(´・ω・`)
いつかは、つれつれの日がきますよ☆
アメドリ見学にいきまっせー(*゚▽゚)ノ
今週の北チャプ自信ないよお(≧Д≦)



Re: タイトルなし

> あいさん
北浦も厳しいようですね
それでも霞も北浦も釣ってくる人が
いるんだから流石です
かんばりましょうね



 Home