楽しいはずのクリスマス

2011/12/25 17:48
今日はクリスマス。
私のためというより子どもの喜ぶ顔がみたいと。


この日のために
2週間以上前から枕元に靴下を置いて、願い事を言ってました。



ウチの子
「はるとは~”メガトンダンプ”が欲しいってサンタさんにお願いしてるの」
「パパはリールって言っときな」



「そうだねリールも古いやつだから、お願いしようかな?」


ウチの子
「ママは~エプロンでいいよ」
と、なぜエプロンなのかは謎・・・・・・。


で、昨夜
靴下を枕元にキレイにセットする我が子
なにもかもが純粋すぎて大人になってしまったことを
少し残念にも思う・・・・・・・・・・。

まぁ、この願いは叶うのだが。
私のリールは来ない。
これも至極あたりまえのことであって。




しかし、このプレゼントに喜ぶ現場に立ち会うことは出来なかった・・・・・・・・・・・・。



昨日の昼に1本の電話があり
「プラント全停した、明日、出勤して急対応する」
「出勤な!、朝6:30会社集合で!」





で、クリスマスも終わる・・・・・・・・・・・・・・。
そのため、
朝起きて枕元にメガトンダンプがあって喜びはしゃぐ子供の顔には
立ち会えなかった。
嫁が言うに、すっごく目がキラキラだったと・・・・・。




見たかったね・・・。


スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home