釣りの最中から帰宅まで

2011/12/23 23:19
ゴルフ場の少し上流にウナ栓をまとめたものがある

いずれ必要なときに、ここから持って行くのだろうが、遠目から見たら、乱杭に見えて、あんなとこに杭群なんてあったかな~と行ってみた。
ついでに周囲にジグも撃ってみた。


そのとき釣りをしている最中に声をかけられた。
振り向くと警察官。
少し離れたところに、パトカーも見える。





「こちらで何してるんですか?」

「釣りです」

「この辺で〇葉県警のクルマ見ませんでしたか?」

「いえ。(自分が乗ってるじゃん)」

「いま、この辺で死体が流れてるって連絡あったのですが?」

「見てませんよ!」

「今日はお休みですか?」

「はい(だから釣りしてるの!)」

「ここに来る前どこにいました?」

「対岸の水門です」

「なぜ?」

「だから釣り」

「ここに来てどれくらい時間が経ちますか?」

「5分くらいです」


などなどしばらく質疑応答があったのです。


その後、マリーナで休憩をとり、帰る途中、パトカーに遭遇。
ぜったい、じっくり自分を見てる。
その後、次の交差点から覆面が出てきて、自分と並ぶように信号待ちをする。
もちろんじっくり自分を見ている。


そのまま覆面はウチの入り口までついてきた!!!



なんにもしてないので
少し嫌がらせすぎるだろうと
思い、クルマ降りて言いにいこうとしましたが、この年末せまるとき、へんなことで時間食われるのも嫌だな~と。



あの、自分を疑うような目付きが嫌だった!!!!!
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home